フローセル

フローセルのイメージ

【応用分野・装置】
血球カウンター、純水や溶媒中の粒子測定 パーティクル・カウンター(微粒子計測装置)
【光学材質】
合成石英、サファイア
【仕様】
流路サイズ:0.08mm角以上、φ0.6mm径以上 流路長: 30mm以下 
【特殊加工】
ARコーティング 400nm ~ 1064nm任意の波長で対応可能

 

接合部に接着材を使わないフローセル(フローサイトメトリー用セル)は、レーザー光を利用する分析装置などに最適

フローセルとは、流路断面が四方形の中空チャンバに、サンプル溶液を流し、そこに集光されたレーザー光を照射しそのサンプルから出てくる散乱光を検出することに使用されます。ジャパンセルのフローセルは、流路入口を、機械研削でテーパー・コーン形状に加工したり、ガラスパイプとフローセル部をガス加工によるガラス溶接することで、よりスムーズに溶液がながれる形状にすることが可能です。更に、通常の直線流路のフローセルだけでなくL字流路やマルチチャンネルにしたり、散乱光を集光するためにフローセルにレンズやウィンドウを追加接着するなど、顧客毎の設計要求に対応致します。