ガラスアセンブリ・光学ユニット組立

ガラスアッセンブリ

ジャパンセルの組立作業は 清浄度 ISO6 規格のインダストリアルクリーンルーム内で行われるため微細なゴミの混入はほとんどありません。また、組立作業に使用する道具も市水を原水としてそれぞれ超純水:0.5m3/h、RO水:0.5m3/h、濃縮水:0.5m3/hと潤沢な流量を誇る大規模な超純水製造装置から精製される超純水で洗浄されているためそれを粉塵源としたゴミの混入も抑制されております。
ガラスレンズの組立をメインに組立を行っておりますが、その他の材質の組立もご相談下さい。

純水装置 仕様

逆浸透膜によりイオンの90%以上を除去した後にRO水タンクに一旦貯留し、UV殺菌灯にて殺菌を行った後にカートリッジ純水器を二段に設置し処理した後に、ファイナルフィルターにてパーティクルの除去を行います。

クリーンルーム 仕様

クラスISO6(クラス1000)一方向流構造、工業用クリーンルーム(ICR)、精密電子部品や精密測定機器等、精密機器の組立に最適です。