サファイアセル

光学蓝宝石Flow-Cell

【光学材質】
サファイア
【特殊加工】
ARコーティング 400nm ~ 1064nm任意の波長で対応可能
【応用分野・装置】
液中超微粒子測定パーティクルカウンター、標準セル

「サファイア加工ならジャパンセル」

オプティクスの世界で優れた特性を発揮している「サファイア」。それを、ジャパンセルは、独自の結晶接合技術・オプティカルコンタクトにより最先端技術に使用されるサファイアオプティクス・セルを開発。

ジャパンセルではサファイアセルの製造だけでなく、サファイアの研磨や成形加工を行う事が可能です。
オプティカルコンタクトとの複合技術により質の高い製品提供をご提案致します。

ジャパンセルの特許技術

「合成コランダムの接合方法及び合成コランダムセルの製造方法」
International Application No.:PCT/JP1998/00582 Pub.No.: WO/2000/037720

・国内特許:第3499717号
・韓国特許:第0537685号
・米国特許:第6440242号
・ドイツ特許:第1013802号

サファイアを光学セルとして使用した場合の特徴

・UVからIRまで、より広い波長帯域で利用可能。
・優れた耐熱、耐摩耗性。
・フッ酸に耐える。
・アルカリにも浸されにくい。