沿革

1982年 株式会社ジャパンセル設立
1985年 動力炉・核燃料開発事業団が開発中の「原子レーザー法」に係わる「合成石英製レーザーセル」の開発に着手。
1995年 宇宙実験用『結晶成長用石英真空セル」の製造を担当。
1996年 「希ガスによる人工呼吸器官のMRIの基礎技術開発」に着手。
偏極ヘリウム3ガス容器について、サファイア製容器開発に着手。
1998年 真空蒸着事業を開始。合成サファイアの接合方法および合成サファイアセルの製造方法を、米国、欧州、韓国、日本で特許出願。
1999年 「中小企業創造活動促進法」の認定を受ける(工振第II-5号)。
2001年 本社を東京都町田市小山ヶ丘に移転
2002年 合成サファイアの接合方法および合成サファイアセルの製造方法の米国特許取得
2003年 合成サファイアの接合方法および合成サファイアセルの製造方法の日本特許取得
2005年 合成サファイアの接合方法および合成サファイアセルの製造方法の韓国特許取得
2006年 合成サファイアの接合方法および合成サファイアセルの製造方法のドイツ特許取得
2007年 町田商工会議所主催 第2回 まちだ経営革新大賞 を受賞
2008年 ISO9001:2000 認証取得
2009年 ISO9001:2008 ISO14001:2004 認証取得
2009年 深澤 篤 が代表取締役社長に就任
2011年 日刊工業新聞社の 第28回優秀経営者顕彰 日刊工業新聞社賞 を受章
2012年 本社工場に隣接した第二工場が本稼働
2016年 CaF2結晶体の接合方法の日本特許取得